tel

上海自貿区開放開始一年来、ネガティブリスト管理を中心とした投資管理制度が既に制定され、貿易便利化に重点を置く貿易監督管理制度が穏やかに運行し、資本プロジェクトの交換可能性と金融サービス業の開放を目指す金融革新制度が大まかに確立しており、政府職能の転換を目的とする事中事後の監督管理制度が大体形成されているので、国際投資貿易規定に相応しい基本制度は、すでに初歩的成果をあげたと明らかにしたた。

VCG11469282422.jpg

上海自由貿易試験区、「オフショア転売取引貿易」を推進

10月31日、「上海自由貿易試験区におけるオフショア転売取引貿易発展の推進に関するプロモーション会」が開催され、上海自由貿易試験区は7項目の措置を模索・実施し、「オフショア転売取引貿易」を支援すると発表した。

もっと見る

上海自由貿易試験区設立以来、上海口岸税関部門は『一線放開、二線管住、区內自由』の原則に導かれて、税関監管モードの改革・革新を強化し、合計11の監督管理に関する制度を打ち出して安全・便利・有効な監督管理を実現した。

中国(上海)自由貿易区管理局
住所:中国上海浦東新区環湖西一路 819 号
電話:+ 86-21-58698500、
ファクス:+ 86-21-58695800、
郵便番号:201306

「一口受理」(「一括受け入れ」)の適用範囲は何ですか?「一口受理」に関する情報はどうすれば得られますか?「一口受理」はどんな利便性をもたらしますか?

A: 「一口受理」は外商投資プロジェクトの承認(登録)と企業成立(変更)、企業海外投資登録に適用しています。 詳細はhttp://zwdt.sh.gov.cn/shen3hall/zmq/index/index.jsp(中国(上海)自由貿易試験区投資受理直通車サイト)でみることができます。 「一口受理」は同じ窓口で書類を提出する必要があります。外商投資企業の場合は関連の手続きを完了した日から4営業日(平日)以内に完成することができます。 上海自貿区内の企業は海外投資の登録手続きを済ませた日から5営業日(平日)以内に完成することができます。