FAQ

1. 「一口受理」メカニズムの適用事項は何かを含むか?どのように検索するか?どんな利便をもたらすか?
A: 「一口受理」メカニズムは外商投資プロジェクトの承認(登録);企業成立(変更);企業海外投資登録に適用している。 検索サイトhttp://zwdt.sh.gov.cn/shen3hall/zmq/index/index.jsp(中国(上海)自由貿易試験区投資受理直通車サイト)。   「一口受理」は一つの窓口で材料を提出する必要がある;外商投資企業は流れを完成した後4つの営業日以内で完成する;区内企業は海外投資の登録は流れを完成した後の5日の営業日以内で完成する。   

2. 上海自由貿易試験区でどのように企業の成立を申請するか?
A: 申請者は中国上海ホータルサイトまたは中国(上海)自由貿易試験区ホータルサイトの「投資受理直通車」コラムにアクセスでき、要求に従って関連資料を準備する。

3. 区域拡大範囲にある企業の海外投資項目の登録にどんな新しい変更があるか?受理点はどこにあるか?
A: 登録プロセスが更に簡素化・利便になる。金橋経済技術開発区、張江ハイテク園区と陸家嘴金融貿易区に登録している企業海外の投資は、市商務委員会に報告・登録しなければならない。上海自由貿易試験区の拡大する日から、市商務委員会は既に浦東新区商務委員会に一般的な企業海外の投資プロジェクトに対して登録することを授権し、登録に必要な材料を簡素化にし、登録時間を元の5日の営業日から3日の営業日に減らす。   受理点は浦東新区市民センター(合歓路2号)にある。市民センターは新しく拡大区域や浦東新区他の区域に登録している企業海外投資のプロジェクトを受理し、外高橋保税区、外高橋保税物流園区、洋山保税港区と上海浦東空港総合保税区に登録している企業海外の投資プロジェクトは依然ながら自由貿易試験区の総合サービスホールで受理でき、住所:浦东新区基隆路9号。   

4. どのように上海自由貿易試験区の各エリアの至る範囲や取り扱う業務範囲を検索するか?
A: 中国(上海)自由貿易試験区ホータルサイト(http://www.china-shftz.gov.cn/)、上海浦東ホータルサイト(http://www.pudong.gov.cn/)、「浦東投資オンライン」(http://www.bizpro.gov.cn/)に登録し検索できる。

5. 中国(上海)自由貿易試験区とは?
A: 中国(上海)自由貿易試験区は、中国政府が上海に成立した区域性自由貿易園区であり、浦東に位置し、中国自由貿易区の範囲に属する。2013年9月29日中国(上海)自由貿易試験区は正式に成立された、面積が28.78km2であり、上海市外高橋保税区、外高橋保税物流園区、洋山保税港区と上海浦東空港総合保税区などの四つの通関特殊監査区域を含む。2014年12月28日、全国人大常務委員会は国務院に中国(上海)自由貿易試験区の区域の拡大を授権し、面積を120.72km2に広める。 拡大区域は陸家嘴金融エリア、金橋開発エリアと張江ハイテクエリアを含む。その中、陸家嘴金融エリアは合計34.26km2で、東側は済陽路、浦東南路、竜陽路、錦繍路、羅山路まで、南側は中環線まで、西側は黄浦江まで、北側は黄浦江までである。金橋開発エリアは、合計20.48km2であり、東側は外環グリーンベルトまで、南側は錦繍東路まで、西側は楊高路まで、北側は巨峰路までである。張江ハイテクエリアは合計37.2km2で、東側は外環線、申江路まで、南側は外環線まで、西側は羅山路まで、北側は竜東大道までである。

ご投資について