情報公開

Apr 23, 2018

開発開始から28年を迎えた上海のあゆみ

开发.png

上海・浦東の姿

1990年、国務院は正式に陸家嘴、外高橋、金橋といった三つの国家レベルの開発エリアの設立を承認した。また、その2年後、張江ハイテクパークが設立された。そこで、その四大開発区が浦東を率いるという発展モードが形成されたわけである。

浦東、多くの「中国初」を記録

1990年、中国初の保税区である浦東の外高橋保税区の設立が承認された。

1995年、中国初の外資系銀行である日本富士銀行上海支社が浦東で開業し、運営し始めた。

2001年、中国初の合資基金管理会社が浦東で設立した。

2013年、中国初の自貿区である中国(上海)自由貿易試験区が浦東で設立された。

2018年3月26日、中国初の原油先物取引の取引銘柄が、上海先物取引所(Shanghai Futures Exchange、SHFE)で取引を始め、人民元建てで決済を行うことになった。それは中国で初めて対外開放された品目として、国際化に向けた重要な一歩を踏み出したことを意味する。

これらの事業の達成の秘訣は浦東が対外開放の政策を堅持し続けることである。

浦東の開発開始から28年間にわたり、浦東の生産値は最初の60億元から1万億元に急ピッチで上った。

浦東に位置している自貿区は2017年末までに累計企業数は5万を超え、また国際貿易量が上海全市の4割を上回っていた。

张江高科技.jpg

張江ハイテクパーク

開放は改革・革新を促し

医療器械登録人制度は浦東と自貿区が国際的な最先端に照準を合わせ、国内で率先して打ち出した制度。この制度に基づき、登録人が独自に医療器械登録証を申請して、資質をもつ企業に生産を委ねることができるという。

張江ハイテクパークに位置する国際企業連合インキュベーターのプラットフォームは各企業に緊密に提携している。General Electric 会社 (GE)のエジソン創新工社、BOSCH会社の自動車知能プラットフォームなど、多くの企業がこのインキュベータープラットフォームを通して、技術、資本、市場などの資源を獲得することができる。 

陆家嘴.png

上海・浦東の陸家嘴金融センター

ハイレベルの開放へ 高い質の発展へ

2018ボアオ・アジアフォーラムによると、開放度、特にサービス業と金融業の開放度をより一層拡大させるということが明らかになっている。

上海・浦東の陸家嘴金融センターは中国の改革・開放の象徴だ。1990年、中国国務院は浦東の開発を発表したが、当時は上海住民に郊外と見られていた浦東には目立つ建築物はほとんどなかった。上海住民は「浦西の1つのベッドの方が、浦東の1部屋よりもよい」という言い方をしていた。25年経ち、浦東は驚くべき変化を見せた。「万国建築博覧会」と呼ばれる外灘(バンド)と川を隔てた陸家嘴金融センターは国内外のビジネスや投資の集結地、また「万国の摩天楼」の「博物館」になっている。 

今後、陸家嘴金融センターは産業チェーン、生態チェーンとサービスチェーンを引き続きアップグレードさせ、外資系金融機構が上海で銀行、証券取引所、保険機構を設立することを促進する。

開放のレベルを向上させるために、中国政府は上海自貿区を始め、銀行、証券、保険への外資株投資の制限を緩和する。

今年11月開催予定の中国国際輸入博覧会は浦東の外高橋の対外文化貿易基地、チリの商品センターなどのプラットフォームと協同して、中国の対外貿易を促進する。

ご投資について