情報公開

November 29, 2017

米国機械製造技術協会上海技術サービスセンターの新営業場所は開業

先日、米国機械製造技術協会上海技術サービスセンターの新しい営業場所の開業式は上海自由貿易試験区外高橋国際工作機械センターにおいて盛んに開催された。

米国機械製造技術協会(AMT)は1902年に創立されて、現在は既に国際工作機械及び機械製造業の重要なサービス機構と業界のイメージキャラクターになる。AMTは2004年に外高橋保税区に入り、且つ初めて「サービスセンター」の理念を導入し、十数年の発展を経て、中国のために150社あまりの有名なアメリカ製造業企業を誘致した。今回、AMT上海技術サービスセンターが新しく落成した外高橋国際工作機械センターに入るのは、アメリカ工業インターネット化のエンティティユニットを展示し、更に多くの先進的な加工理念と技術をもたらし、外高橋保税区の国際インテリジェント製造サービス産業園区建設に対して積極的に推進するという役割を果たす。

外高橋国際工作機械センターは外高橋保税区トップテンの専門的な貿易サービスプラットフォームの中の一つであり、自由貿易試験区保税地域がハイエンドインテリジェント製造設備の構築に取り組む国際貿易利便化と専門化サービスプラットフォームでもある。2009年建立して以来、外高橋国際工作機械センターは積極的に各国機械製造協会、商会等機構と深い協力を行ってきた。規模が絶えずに拡張し、成功的に十数ヶ国と地区からの140社あまりの多国籍工作機械企業を誘致した。機能拡張の深化・推進は上海自由貿易試験区の建設と発展の重要な任務である。四年間、保税区は絶えずに税関特殊監督管理地域の監督管理モードを革新してきた。貿易利便化の地域機能は更に完善し、米国機械製造技術協会を代表とする更に多くの製造機構と企業に更に開放的な、更に国際競争力を有す発展環境を提供している。

ご投資について