情報公開

November 29, 2017

上海自由貿易試験区芸術品取引センターはサービス機能を拡張

11月18日、2017年全国大学生芸術年度展覧会——「アカデミーの光」特別展覧は上海センターにおいて幕を開けた。これらの作品は中国画、油絵、版画、彫刻等多種類のカテゴリーを含み、集中的に中国大学生及び青年芸術家の創作の新しい面影を表した。

 「海上芸術スーパースター・優秀青年芸術家賞」も当日で発表された。この賞は大学生芸術の「アカデミー賞」と呼ばれ、8名の最も潜在力を有す若い芸術家及び優秀賞を10名選出した。

 上海自由貿易試験区国際文化投資発展有限公司は今回活動の主催者の一つである。自由貿易試験区芸術品取引センターがこのようなハイレベル文化芸術活動を催す目的は芸術品取引センターを文化芸術産業のハイランドと学術ベンチマークに構築することにある。

 聞く所によると、上海自由貿易試験区国際芸術品取引センターは成立して以来、絶えずにサービス機能を拡張してきた。2016年初、芸術品取引センターは取引への拡張と延伸を目標とし、全ての芸術品産業チエーンの更なるハイエンドに邁進し始め、且つ連続して一連の展覧会、フォーラム及び学術セミナーを催し、業界の上海自由貿易試験区文化産業発展に対する注目を集めた。

聞く所によると、「アカデミーの光」特別展覧会は来年1月まで持続し、それぞれ上海センタービルB2芸術回廊及び上海自由貿易試験区国際芸術品取引センター森蘭国際展示取引ホールにおいて出展する。

ご投資について