情報公開

November 21, 2017

中国(上海)自由貿易試験区検験検疫における

11月15日午後、上海入出国検験検疫局は上海自由貿易試験区管理委員会と共同で浦東新区政府において記者会見を開催し、世間に中国(上海)自由貿易試験区検験検疫における正確的に絞ったサービス計画を発布した。

今回上海国家品質監督検験検疫局が発布した10項目の措置は、いずれも事前に広く調査研究を行い、企業と地方政府及び自由貿易試験区管理委員会のニーズを聞き取ることを踏まえ、国際にドッキングし、数多くの企業の条件にあてはまった一連の業務イノベーションと正確的に絞ったサービス措置である。品質監督検験検疫総局の十分な授権、全力な支持と心を込めた指導の下で、上海自由貿易試験区においてパイロット事業として先行し、成功経験を蓄積した後、一部の措置をできるだけ速く上海市ないし全国範囲でコピー・普及する。

今回上海国家品質監督検験検疫局が発布した10項目の措置は下記の通りである。

1.「申告された書類を審査して通関」という合格評定新モードを広める。

2.申告をする企業、原産地証明書を申請する企業の登録が地方政府の「多証合一(複数の証明書の一本化とすること)」の政策への溶け込みを実現する。

3.張江クロスボーダー科学技術イノベーションセンターにおいて国家品質監督検験検疫インテリジェントサービスセンターを設立する。

4.浦東が輸入消費品の集散地になることを支持する。

5.原産地信用状制度を優先に実施する。

6.「輸出国家或いは地域の検査を免除する動植物検疫証明書のリスト(第三版)」を発布する。

7.単一車両認証の新モードのパイロットを優先に探索する。

8.検験検疫リスク分類監督管理総合評定メカニズムを実施する。

9.並行輸入自動車の合規性整頓改革政策のランデイングを推進する。

10.自由貿易試験区内の生態原産地製品の保護事業を推進する。

ご投資について