情報公開

November 14, 2017

上海自由貿易試験区はアメリカコンウェイグループ「サイトセレクション」雑誌の「アジア・太平洋地域トップクラス自由貿易試験区」に入選

先日、アメリカコンウェイグループ傘下の「サイトセレクション」雑誌は世界の自由貿易試験区に向けて評価と票決を行った。上海自由貿易試験区は「アジア・太平洋地域トップクラス自由貿易試験区」の評価を獲得した。

2017年11月9日午後、上海自由貿易試験区管理委員会副主任陳希同志は新区政府においてコンウェイグループ総裁アダム・ジョーンズ・ケリー氏一行と会見した。

陳希同志は上海自由貿易試験区が「サイト・セレクション」雑誌の「アジア・太平洋地域トップクラス自由貿易試験区」に入選することに感謝の意を表し、アダム氏のご来訪を熱烈に歓迎した、且つ今後双方がコミュニケーション・交流を強め、往来関係を建立する、と希望した。

会談中、陳希同志は自由貿易試験区の発展過程を紹介し、且つ自由貿易試験区が発展過程において終始に国際的な注目と高度な認可を得ることを表した。陳希は、現在、上海自由貿易試験区が積極的に自由貿易港の建設を探索しているところであり、コンウェイグループの協力の下に、世界その他の自由貿易港及び自由貿易園区との勉強と交流を強める、と希望した。

アダム氏は上海自由貿易試験区が既に取得した建設成果に非常に高い評価を与えた。次ぎのステップには、コンウェイグループは上海自由貿易試験区と世界その他の自由貿易港及び自由貿易園区とのインタラクションで支持を提供する。

今回の選考は世界の自由貿易試験区に目を向けた。選考プロセスについては、コンウェイグループは雑誌の1000名余りの投資顧問に投票アンケートを実施した。アンケートの内容は自由貿易試験区の投資成功率、公式交流の専門度、サービススタッフの言語能力、ウェブサイト情報の全面度等を含んだ。票決を経て最終的に上海自由貿易試験区を「アジア・太平洋地域トップクラス自由貿易試験区」と選出した。この地区においては二つの自由貿易試験区だけランクインした。

ご投資について