情報公開

October 24, 2017

韓正:上海は中央の配置により自由貿易港の建設を計画する

10月19日午後、上海市代表団は人民大会堂上海ホールにおいて代表団の全体会議を行い、国内外のメディアに開放した。

鳳凰衛星テレビ記者の自由貿易試験区建設及び自由貿易港の建設計画に関する質問を答える時、韓正は、自由貿易試験区建設において我々は三つのステップを歩き出した。2013年9月、上海自由貿易試験区は成立した、これを1.0バージョンと称する;2015年、中央は自由貿易試験区の深化方案を承認した、これは2.0バージョンである;今年5月、中央改革全面深化指導グループは上海自由貿易試験区改革開放の全面的な深化方案を正式に承認した、これは3.0バージョンである、と表した。

韓正は、自由貿易試験区の核心的な任務は制度のイノベーションである。ここ数年間の改革を経て、既に100件の革新的な制度が全国において押し広められた。自由貿易港に関しては、我々は中央の配置により方案をよく形成する、現在はただ計画段階にあり、最終方案は必ず中央の承認を得なければ実施できない、と表した。

ご投資について