情報公開

April 18, 2017

上海自由貿易試験区貿易便利化改革は範囲拡大、動植物輸出入許可は近くで審査承認可能

上海自由貿易試験区林業改革座談会によると、2014年上海自由貿易試験区で実施された関連林業製品のパイロット貿易政策は近日上海全域へ複製・普及される見込みがある。ということである。
現在、上海自由貿易試験区の登録企業は関連陸生野生動物或いはその製品を輸入し、或いは関連動物生体及びその製品を輸出する場合、企業は北京まで往復する必要がなく、いずれも上海林業部門が許可の実施を代行する。
改革した後、プロセスは簡素化され、関連行政許可のかかる時間は半分以上を短縮する。三年来、上海自由貿易試験区が関連行政許可の取扱件数はそれぞれ:2014年103件、2015年394件、2016年466件である。
聞くところによると、国家林業局保護司と国家絶滅危惧種輸出入管理弁公室の指導の下には、上海市林業局と国家絶滅危惧種輸出入管理弁公室上海事務所は「シングル審査承認ウインドウ」を探索・建立し、更に行政審査承認効率を高める。

 

ご投資について