情報公開

April 18, 2017

上海自由貿易試験区は外国籍人材の永久居留申請のチャネルを開通

現在、上海自由貿易試験区の外国籍人材は中国永久居留を申請するには更にてっとりばやく便利なチャネルがある。即日から、外国籍人材は上海自由貿易試験区管理委員会の発行する『中国(上海)自由貿易試験区外国籍ハイレベル人材の中国永久居留の申請推薦状』を以て、市出入境管理局に外国人永久居留証を申請することができる、一方、その外国籍配偶者と未成年の子供も申請者とともに申請することができる。
外国籍ハイレベル人材の認定標準は具体的に三種類に分ける:一つ目は名誉ある賞の受賞者或いはハイレベル人材計画の入選者で、ノーベル賞、フィールズ賞、ウルフ賞、クラフォード賞、チューリング賞、プリツカー賞等国際的に認められた名誉ある賞の受賞者或いは指名者;中国政府「友誼賞」、「国際科学技術協力賞」等国家レベルの対外的な表彰する賞の受賞者;中央「千人計画」、「ハイレベル外国専門家プロジェクト」の入選者;国家傑出青年科学基金の受賞者;教育部「長江学者」奨励計画、中国科学院「百人計画」、「傑出技術人材導入計画」の入選者等を含む。その他、浦東新区「百人計画」入選者、浦東新区「500チーフ・サイエンティスト」計画の入選者等の重要な人材計画の入選者もこの種の標準に組み入れられる。
二つ目は名誉ある外国籍専門家、学者、専門技術人材で、中国科学院或いは中国工程院の外国籍院士、海外国家科学院或いは工程院の院士;「国家高技術研究発展計画(863計画)」、「国家重点基礎研究発展計画(973計画)」のチーフ・サイエンティスト;国家技術発明賞、国家科学技術進歩賞を受賞する主な完成者等を含む。上海自由貿易試験区内の国家実験室、国家重点実験室、国家工程実験室、国家工程研究センター、国家認定企業技術センター、国家工程技術研究センター、外国系企業投資研究発展センターの責任者(副主任及びこれ以上)も申請することができる。
三つ目は企業イノベーション・起業のハイレベル外国籍人材である。この種の人材は主に上海自由貿易試験区の特色とニーズを体現し、自由貿易試験区における異なるタイプの発展を励ます企業の人材に組み入れられ、特に重点金融、海運、貿易機構、本部型企業と新技術・新産業・新モード・新業態という「四新」企業の人材及びその他の特殊な専門特長と高度技能を備える上海自由貿易試験区の非常に乏しく、緊急に必要とする外国籍人材である。

 

ご投資について