情報公開

April 07, 2017

応勇は金融業務調査研究座談会を開催

先日、上海市委員会副書記、市長応勇の主宰で金融業務調査研究座談会を催し、目前の金融情勢の分析と上海金融改革発展の意見と提案を聞取った。応勇は、2020年基本的に国際金融センター建立を完成するという目標をしっかり掴み、金融を以て国家戦略・実体経済をサービスする総体要求を深く徹底し、国際金融センターと自由貿易試験区、科技革新建設の連動を強めることを根本的な手掛かりとして、リスクがコントロールできる前提において、「金融改革40条」の推進・実行を速めることを重要キャリアとして、金融改革発展の新効果の取得を努め、上海のイノベーション駆動型発展、経済モデルチェンジ・アップグレードがまた新たな段階に上がることを推進する、と指摘した。

この前、応勇一行は人民銀行上海総部に行き、上海地区のクロスボーダー資金モニタリングセンターを視察し、詳しく人民銀行が現代クロスボーダー金融セーフティネットを建設してリアルタイムなモニタリングを通して金融リスクを防備する状況を了解した。

ご投資について