情報公開

August 16, 2017

大量なトルコ産サクランボが中国進出を急ぎ


August 16, 2017

保税区域で「インターネット+税務」事業を推進

上海自由貿易試験区保税区域税務部において、「インターネット+税務」事業を推進し、企業に「インターネットを多く利用し、現実の道を少なく走らせる」ように取り組んでいる。 近頃、上海自由貿易試験区保税区域税務部によると、保税区域における「インターネット+税務」事業の発展が加速し、実の税務局と相まって、オンライン税務局がほぼ原形が出来上がったという。 保税区域税務支局は率先して全国範囲で「税務のオンラインサービス」といった20件の措置を取り、オンラインで自主的に税務申告、信用格付け、輸出税金還付のペーパーレス化、オンライン審査認可・登録、オンライン非貿易項目支払い管理などを実施している。それに基づき、区内の税務部はインターネットにおける税務を展開し続けている。種類が日増しに揃い、範囲が広くなりつつある。税務関係の7大区分135項を含み、保税区域が比較的に辺鄙な所にあり、企業にとって税務申告などが不便である問題が解決できた。


August 08, 2017

世界最大の自動化コンテナ埠頭洋山港第四期は年末に開港し、試験運営が始める

2017年末、洋山深海港第四期工事はほどなく開港し、試験運営が始め、その時、7つの大型深水バースを有する洋山港第四期は世界最大の自動化コンテナ埠頭になる。洋山深海港は四期に分けて建設し、世界最大の海島型人工深海港であり、上海国際航運センターを建設する戦略的で、中枢的な工事でもある。洋山港は全面的に建設し完成させた後、上海港の年間コンテナ取扱量が4000万TEUを突破することを促進する。この数字はアメリカ9大港のコンテナ取扱量を超え、現在世界の港の年間コンテナ取扱量の1/10でもある。


August 08, 2017

中国は継続的に世界経済の「スタビライザー」役割を果たす

中国国家統計局が先日発表したデータによると、中国経済の上半期の成長率は6.9%で、安定しながら前進し、好転する発展の流れを引き継いだ。多くの国際機関は直ちに今年の中国経済成長率の予想値を次々と引き上げた。これらの機関は、中国経済のリバランスの着実な推進に連れて、経済の見通しが有力なサポートを手にして、中国が継続的に世界経済の「スタビライザー」役割を果たす、と考える。 国際通貨基金(IMF)は先日「世界経済見通し」の更新内容を発布し、中国の今年・来年の経済成長率予想をそれぞれ0.1ポイントと0.2ポイント引き上げ、6.7%と6.4%とした。


August 02, 2017

上海初の知的所有権保護センターは浦東に成立

7月25日、上海初の国家レベル知的所有権保護センターは浦東において成立した。聞く所によると、中国(浦東)知的所有権保護センターは浦東新区知的所有権総合管理の優位に頼り、国家レベルの知的所有権機能性プラットフォームを構築する。その他、知的所有権保護センターが正式に運営した後、特許の急速審査「グリーンチャネル」をスタートし、大いに授権サイクルを短縮する。現段階には、ハイエンド装備製造産業、バイオ医薬産業に向けて知的所有権の急速協同保護業務を展開する。


August 02, 2017

上海市公安局自由貿易試験区分局は24時間香港・マカオ・台湾セルフ通行書発行サービスを送り出す

7月28日午前、上海市公安局自由貿易試験区分局は24時間香港・マカオ・台湾セルフ通行書発行サービスの始動式を開催した。本市戸籍住民はここにセルフ式で香港・マカオ・台湾への通行書を取り扱うことができる。体験者は試用した後、全てのセルフ操作が非常に簡単で便利で、順調であれば数分間で済むと表した。 了解によると、24時間香港・マカオ・台湾セルフ通行書発行サービスは現有の香港・マカオセルフ通行書発行サービスを元にし、台湾セルフ通行書発行サービスの機能を増え、香港・マカオ・台湾セルフ通行書発行サービスの一体化を実現した;一方、セルフ通行書領収、セルフ入出国記録問い合わせサービスも提供する。その24時間全天候のセルフモードは更に入出国機構の公共サービス効率と品質を向上させる。


July 25, 2017

世界十大国際航運センターランキングが発布、上海は自由貿易試験区の革新的駆動により第五位に躍進

「新華・バルト海国際航運センター発展指数2017」は上海において発布された。国際航運センターの総合評価結果によると、2017年世界で総合的な実力がトップテンにランクインした国際航運センターはそれぞれシンガポール、ロンドン、香港、ハンブルク、上海、ドバイ、ニューヨーク、ロッテルダム、東京、アテネである。中には、アジア太平洋地区の上海、ドバイは自由貿易試験区の核心的駆動効果に頼り、戦略的なランキングアップを実現し、それぞれ第五位、第六位に躍進し、経済低迷のヨーロッパ地区は「一帯一路」効果に恵まれ、貿易航運が相対的に安定を保ち、ハンブルク港のランキングは継続的に第四位を占めている。


July 25, 2017

自由貿易試験区公安分局「車両運転管理」サービスホールは正式に使用し始め

7月21日、上海市公安局自由貿易試験区分局は儀式を行い、分局「車両運転管理」サービスホールは正式に使用し始めた。サービスホールの運営開始は、上海自由貿易試験区保税地域にもう一つの地域内の国内外企業発展をサービスする重要な措置を増加することを物語った。 上海自由貿易試験区が新たなラウンドである改革発展段階に入るに連れて、分局所管の外高橋保税区内の運転者、自動車、路政セット建設等「人、車両、道路」サービスニーズは急増の勢いを呈する。分局は現状を踏まえ、園区企業に「ワンストップサービス」という便利な高効率交通業務取扱サービスを提供することを目指し、「車両運転管理」サービスホールの建設を着手する。サービスホールは外高橋保税区冨特西一路459号A棟にあり、建築面積が1200余り平方メートルであり、合計7つの証書取扱サービス窓口を設置し、業務が「自動車、運転者、路政、海外証書取扱」等4種類を覆い、22項の業務を含み、市公安局交通警察総隊の他、公安分局に「サービス種類の最も完全で、サービス権限の最も高い」交通サービス管理類のホールである。サービスホールが全面的に運営した後、毎年延12万人に各種類の交通証書取扱サービスを提供する見込みであり、「ゼロ距離、精細化」に園区内の国内外企業及び社員をサービスできる、26万の国内外企業の従業員、日平均の出入する5万台自動車は交通サービス管理「区内のこと、区内で取り扱う」の直接な便利さを享受できる。


July 18, 2017

上海自由貿易試験区は率先して自動車単一車両認証制度をランデイング

上海出入国検験検疫局は13日、中国品質認証センターが中国(上海)自由貿易試験区において全国初の自動車単一車両認証の強制的製品認証証書を発給し、自動車単一認証制度が上海自由貿易試験区に率先してランデイングすることを物語る、と公布した。 2017年1月、国家認証認可監督委員会は公告を発し、特定用途、小ロット、シグナルロット生産或いは輸入した自動車に対して単一車両認証方式を採用し、工場検査を減免し、且つ車両テストプロセスを簡素化し、資料審査、企業自己声明、実車テスト等方式を採用し、台ごとにテスト・認証を行うスペシャルモードを以て車両の安全を保障し、国内生産建設と貿易ニーズを満足する。この革新的な制度は国際的な共通モードを参考した、国家認証認可監督委員会が更に供給側構造改革をサービスし、輸入自動車製品の品質向上を促進する重要な措置である。


July 18, 2017

「非特殊」化粧品の輸入時間は大幅に短縮

  現在、一ロットの楽金生活健康貿易(上海)有限公司が輸入したクレンジングオイルとトナーは外高橋保税区において輸入検査を完成した。このロットの「輸入非特殊用途化粧品登記・記録電子情報証憑書類」により順調に輸入した化粧品は輸入「非特殊」化粧品の改革措置が上海自由貿易試験区外高橋保税区において着々と推進していることを物語る。   浦東新区輸入非特殊用途化粧品登記・記録パイロットは上海市が「許可書・ライセンス分離」改革パイロットを展開する重要な措置である。新たな登記・記録管理規定により、2017年3月1日から2018年12月21日にかけて、いずれの浦東新区ポートから輸入し、且つ国内責任者の登録地が上海浦東新区である初めての輸入非特殊用途化粧品は、現行する審査承認管理を登記・記録管理に転換する。


ご投資について