情報公開

Apr 23, 2018

開発開始から28年を迎えた上海のあゆみ

1990年、国務院は正式に陸家嘴、外高橋、金橋といった三つの国家レベルの開発エリアの設立を承認した。2年後、張江ハイテクパークが設立された。そこで、その四大開発区が浦東を率いるという発展モードが形成されたわけだ。


Apr 10, 2018

上海自貿区 国別の国家館、国内外の交流の架け橋に

上海自貿区にオーストラリア館、チリ館、中東欧16国館、ハンガリー館、イラン館など数多くの国家館が集まっている。そこでは各国の特色ある芸術品を鑑賞したり、軽食を味わったりして、異国情緒を楽しむことができる。


Apr 10, 2018

上海自貿区 ビジネス環境は最適化へ

第19回党大会報告は全面的な開放の新構造の形成を推進するよう提起した。その多くの対外開放措置のうち、「自由貿易試験区により大きな改革自主権を与え、自由貿易港の建設を模索する」という表現が注目を集めている。


Apr 9, 2018

上海自貿区、グローバル修理業務を展開

上海自貿区が2013年成立して以来、グローバル修理産業は勢いよく発展してきた。


Apr 8, 2018

上海自貿区 外国人人材に内国民待遇を与える政策が公表

上海自貿区で創業する外国人ハイレベル人材は認定基準を満たせば、内国民待遇を受けられる。


Apr 6, 2017

卓越した浦東企業の表彰大会=上海

4月2日、経済の発展に対して貢献した浦東の企業を表彰する大会が浦東国際会議センターで開催された。この表彰大会で、企業のビル、革新・起業、高成長性、科学技術の革新、先進的な製造業、サービス、金融、経済などの方面でそれぞれの上位20企業に賞を授与された。


December 29, 2017

外高橋保税区はクロスボーダー公共監督管理拠点を使用し始める

上海税関、上海出入国検査検疫局はクロスボーダー電子商取引の集中検査場所の関連要求により、外高橋グループ傘下の上海市外高橋国際貿易営運中心有限公司(以下は営運中心公司と略称する)と上海クロスボーダー電子商取引公共サービス有限公司は、上海自由貿易区で提携し成立した外高橋保税区クロスボーダー公共監督管理拠点が、先日使用し始めた。 情報により、営運中心公司は拠点の実際の運営主体として、主に園区のクロスボーダー電子商取引の集中検査場所の計画、建設と運営などの仕事を担当し、貨物保存エリア、検査待ちエリア、貨物留置エリア、出荷エリアなどの作業エリアを設置した。税関、出入国検査検疫局が要求したモニタリング設備、X線検査装置などの検査設備も配置し、そして関連の管理制度を制定したという。


December 29, 2017

上海自由貿易区国際バイオ医薬品科学技術イノベーションセンターが開業

上海外高橋保税区聯合発展有限公司(以下は外聯発と略称する)と上海WuXi AppTec社は、上海自由貿易区外高橋保税区において共同で上海自由貿易区国際バイオ医薬品科学技術イノベーションセンターを成立した上で、共同で上海外高橋WuXi AppTec衆創空間(ソーシャル・イノベーション・プラットフォーム)管理有限公司を投資し成立して、これを科学技術イノベーションセンターの管理運営会社とする。科学技術イノベーションセンターは12月26日より開業式を開催した。


December 20, 2017

上海は医療機器登録者制度を探索

上海は率先して全国において医療機器登録者制度のイノベーション改革をスタートし、成功的に探索した後、全国医療機器の「行政簡素化と権限委譲、監督管理の強化と権限委譲の両立、サービスの最適化」に新鮮な経験を提供する。 従来、我が国の医療機器の登録と生産という二つの段階は一体として「縛り上げられて」、一つの主体により登録と生産を行わなければならなかった。この「縛り上げる」モードはイノベーション・研究開発と持続的に製品の品質を高める熱情を影響した、一方、イノベーション要素の合理的な配置をも制限した。


December 20, 2017

自由貿易試験区における一連の重点プロジェクトは

先日、第八回国際航運戦略サミットは浦東において開催され、上海自由貿易試験区における一連の航運重点プロジェクトは席上で集中して契約を締結した。今回果した上海自由貿易試験区における一連の航運重点プロジェクトには、国際航運ハイエンド商務訓練プラットフォームの協力、「一帯一路」汎航運産業投融資サービスプラットフォーム、上海海洋とエネルギー産業発展基金のスタート等を含み、投融資サービス、海洋産業基金、ハイエンド人材発展、技術イノベーションサービス等多くの分野を覆う。


December 12, 2017

上海洋山深水港第四期は開港し、

注目を集める上海国際航運センター洋山深水港第四期工事は新しく建設して完成させ、現在世界最大規模の自動化コンテナ埠頭は初めて雄姿が現れる。12月10日午前、上海市委員会書記李強は洋山深水港に到着し、港の発展と自動化埠頭の現場運行状況について調査研究を行い、上海国際航運センター洋山深水港第四期工事の開港大会に出席し、且つ開港を宣布した。市委員会副書記、市長応勇は席上で発言した。 洋山港第四期工事は合計で7つのコンテナバースを建設し、コンテナ埠頭の岸壁総長が2350メートルに達し、年間コンテナ取り扱い数は初期には400万標準コンテナであり、長期には630万標準コンテナであり、全自動的なコンテナ埠頭建設方案を採用した。洋山港第四期の建設完成と運転開始は中国港業界が運行モードと技術応用において重大な飛躍とグレードアップを遂げることを示す。


December 12, 2017

自由貿易試験区における一連の重点プロジェクトは国際航運戦略サミットで集中して契約を締結

先日、第八回国際航運戦略サミットは浦東において開催され、上海自由貿易試験区における一連の航運重点プロジェクトは席上で集中して契約を締結した。今回果した上海自由貿易試験区における一連の航運重点プロジェクトには、国際航運ハイエンド商務訓練プラットフォームの協力、「一帯一路」汎航運産業投融資サービスプラットフォーム、上海海洋とエネルギー産業発展基金のスタート等を含み、投融資サービス、海洋産業基金、ハイエンド人材発展、技術イノベーションサービス等多くの分野を覆う。


ご投資について