ご投資について

Environment 投資環境

上海口岸税関部門は自由貿易試験区税関監管制度を11項推し出した
自由貿易試験区設立以来、上海口岸税関部門は「一線放開、二線管住、区內自由」という原則を守り、税関監管モードの改革・創新を強化、前後に新しい監管制度を11項推し出して安全・便利・有効な監管実現した。主な制度が下記のとおり:
1.ネガティブリスト管理理念を導入。国際公約と国家現行管理規定に従い、自由貿易試験区輸出入貨物に関する貿易管制措置を整理・発布して、国に規定された4種の輸出入禁止商品と57種の輸出入監督管理書類に関与する商品を「一線放開」の枠に属しないことを明確し、このリスト内の商品を厳しく管理するが、リスト外の貨物に対して効率よい流れを確保する。
2.一線の輸入貨物に対する「先に自貿区に入り、後に通関手続きを完済する」制度を試行。いま、すでに47戸区内企業はこの試行制度に参加、試行範囲が海運、空輸を含む。1月末までに、業務が計139項完成され、貨物額が2.04億ドル。企業は税関情報化システムによって10分ぐらい貨物通関手続きを完済でき、貨物入手時間を2-3日短縮し、企業の物流コストを平均10%減らした。
3.区内貨物の「自行輸送」を試行。試行企業を7戸確定、輸送線路を4本設計した。企業は輸送器具、物流管理等についてより大きい自主決定権をもち、区内の4つの区域間で貨物の自由流れを促進した。1月末までに、試業界務が計27項完成され、貨物額が958.3万ドル。
4.「分散輸送・集中申告」という通関申告モードを施行。貨物が毎月に30回以上自貿区に出入する企業に対して、先に貨物の出入手続きを行い、貨物出入後の30日内に集中的に通関申告手続きを完済する。貨物毎に申告する伝統な方法と比べて、貨物の物流速度が大幅に高まった。
5.輸入登録リストを統一・簡略化。目前には、上海税関区の特別監管区域内の輸出入貨物に対して登録リストの仕様が二種ある。一つは申告要素が29項あり、外高橋保税区と外高橋物流園区に適用。もう一つは申告要素が40項あり、洋山保税港区、浦東国司空港綜合保税区等他の地域に適用する。これで、当税関は29項申告要素を基に、自由貿易試験区の登録リスト仕様を統一・簡略化してその方案を総署に提出した。(中国上海ポータルサイトより)
 
上海海事局はまた新しい措置を9項推し出した
ある統計によると、上海海事局は去年、監管サービス措置を19項推し出して以来、2015年6月30日までに、国際貿易「シングルウインドー」船舶出港審査項目中で、上海海事局は税関及び検験検疫、国境出入検査等口岸監管部門と共に、「シングルウインドー」によって延べ6856船に対して船舶出港手続きを完済、洋山港を出る国際航行船舶を口岸検査確認する過程中に延べ14386船に対して「先に許可、後に検査確認」を試行、延べ150船に対して上船集中検査を実行、汚染防止・上船検査減少するために延べ287船に対して遠隔監視制御を実施し、港內安全作業のために延べ1961に対して電子式登録申告を受けた。
自由貿易区2.0時代の全面的起動に伴って、中国(上海)自由貿易試験区の建設が「加速期」に入った。上海海事局の支持で上海自由貿易区はより高くの目標へ進んでいる。7月22日、国務院常務会議では、持続的に行政の簡素化・部への権限委譲、権限の解き放ちと管理の結合、サービスの最適化といった改革を推進、事中事後監管を創新することを指摘した。これで、上海海事局は国際貿易便利化を目標とし、海事職能を移転、事中事後監管を強化、強力に陽光執法・文明執法・公正執法を実施して、検査內容の合法化、人員派遣のランダム化、執法過程の公開化、監管力の適切化を実現した。また、上海海事局は自由貿易区の海事改革・創新過程に新しい措置を9項推し出して、航運市場主体の活力を最大限に掘り出すことをよりよく海事部門の合法的監管役目を発揮することとを結合とコーディネーションした。
国際貿易「シングルウインドー」では、国際航行船舶の出入港海事検査確認の電子化を実現した。該当措置は、上海海事局が2014年に自由貿易試験区で推し出した国際航行船舶の洋山港出港用「先に許可、後に検査確認する」という規定の昇級措置であり、国際航行船舶の上海港出入海事検査確認の無紙化(資料提出過程の無紙化、審査許可過程の無紙化及び許可証の無紙化を含む)を実現したことを示す。船舶代理では、国際航行船舶の出入港情報をEDIプラットフォームを通じて上海海事局に発送して審査確認してもらった後、結果が国際貿易「シングルウインドー」プラットフォームからフィードバックされるが、大量の申請資料を持って海事政務ウインドーへ行って出入港検査確認手続きを完済したり、海事ウインドーから紙質証明書を受け取ったりする必要はなくなり、船舶代理の時間と精力を更に節約させ、船舶の通関効率をより大きく向上させた。該当措置は2015年5月25日より自由貿易試験区と上海港のその他の区域で同期に施行する。6月末までに上海海事局は計50船に対して電子出港証明書を発行した。
高効率的な船舶登記手順を探索、次第に船舶停航無しと待ち時間ゼロの手続き完済方法を実現する。目前、交通輸送部は既に、外籍船員の雇用、船齢制限、登記主体の持株比例制限等についてより緩和な政策を取ることを明確し、また上海海事局が電子式申請、ワンストップサービス、登録資料免除、內部資料免除等措置の試行によって登記手順を簡素化・最適化することを許可した。その他に、国際船舶登記制度情報プラットフォームも建設完成され、テスト階段に入った。
貿易輸送の便利化を促進するために、自由貿易試験区水域(洋山深水港水域)で船舶通航可視度制限を緩和し、上海洋山深水港で500m以上可視距離時には船舶の直接的出入港を、200~500m可視距離時には2000TEU以上のコンテナ船舶の通航試験を推進する。2015年1月5日、実施計画と保障方案を前提に、初めて大型コンテナ船が不良可視度条件下で洋山港出入港試験を行って成功になり、全面的に該当措置を推進するために基礎を固めた。今年6月末まで、実船試験は計29回行った。この措置によっては、航運企業のために運営コストを16.5億元低減する見込み。
その同時、上海海事局はポートステートコントロールについて絶えずに事中事後監管方法を創新し、特別管理措置を推し出す。例えば、執法透明度を強化するために、ネガティブリスト管理理念を導入、目標船検査と船舶滯留標準リストを設立する。上海海事局の各職能部門と洋山港入駐大型船舶公司の専門家の共同的協力下で、ネガティブリスト管理理念を導入して內部制度を創新することによって、現有ポートステートコントロールに関する欠陥を改善、新しく効力の発生する公約の洋山港船舶の安全・汚染防止への影響を考慮して、航運安全前提下で中国(上海)自由貿易試験区內外国船舶の検査標準と船舶滯留標準を規定する。また、貿易輸送の効率を向上するために、船長告知書制度を遂行する。即ち予め入港する国際航行船舶に船長告知書を発送することによって、事前に上海港ポートステートコントロールに関する重要事項を知ってもらって船期通りの到着率と港の運転効率を向上させる。その他に、安全検査欠陥のインターネットによる再検査方式を試行し、即ち、誠実信用管理機制を基に、低リスク船舶と高効率公司属船舶に対して、船舶側からの申請に応じて遠隔再検査、インターネットによる欠陥の予めクローズ、入港後抜き出し立入検査確認等便利な措置を実行する。事中事後監管理念を創新、国際航行船舶聯合検査制度を実行、船舶公司の管理人員とともに船舶の安全検査を実施、陽光執法を推進、船舶公司自身の責任意識を促進、安全管理能力の向上に助力すること等。
自由貿易試験区を建設することは経済発展過程に新しい改革目標である。今後、上海海事局は党中央「四個全面」戦略に従って、自由貿易試験区制度を創新して、機能を拡大、深く新状況を研究、持続に探索し、「航運支持、引導・自律、適切監管」という原則を守り、確実に海事の改革・発展を推進する。(上海海事局より)
諮問者延べ2000人、登記者延べ600人——中国(上海)自由貿易試験区は運営開始以来、基隆路に位置する綜合サービス庁で勤務する人が誰でも毎日毎日仕事に追われて忙しくて、往来企業が多い。一昨日、最初の60戸登記登録申請企業に営業許可書を発行した。先週の水曜日、上海税関は自由貿易試験区で「先に入り、後に通関」する新税関監管モードを試行、捷開依(上海)物流有限公司によって輸送される電解銅輸入品が自由貿易試験区の始めて迎えてきた貨物である。
 自由貿易区開業から二週間しかないが、多くの人が既に新鮮な気分を感じた。専門家からは、「自由貿易区の配当金」が配分開始された。
 「中国経済升級版」を構築する試験田として、中国(上海)自由貿易試験区は面積28.78km2範囲内で率先に国際慣例に合う新しい制度体系試行して投資・貿易等領域で効率のより高い管理を行う。「成熟項目を先に推進、後に次第に改善」する要求に応じて、具体的な計画及び関連管理方法を次第に推し出して、各措置を確実に貫徹する。より重要なのは、これらの「複製・押広め可能な経験」が全国の発展に助力する同時に、上海経済の移転を促進することができること。
 開放情報の示し
自由貿易試験区投資管理の創新制度として、2013版「ネガティブリスト」は、中国が更に開放程度を拡大し、国際規則に近づける情報を示した。自由貿易試験区の総体的方案により、金融サービス、航運サービス、商貿サービス、専門サービス、文化サービス及び社会サービス等六つの領域で開放措置を23条実施、投資者資格要求、持株比例制限、経営範囲等市場参入制限を中止か取消して各投資者の平等的参入の市場環境を営造する。
 自由貿易試験区は多くの審査許可制度を取り消し、登録管理を実行する。內外資企業に関わらず、条件に合えば4労働日內に登録手順を完成することができる。「投資管理制度の創新」が率先的に「配当金」を持ってきた。快速・高効率が各企業の自由貿易区に対する直接的な評価である。內資企業の上海遠時(投資)有限公司の責任者は営業許可書を受領した時に非常に激動して「商業機会を取り逃すな」と言った。外国独資企業のアリルネットワーク技術有限公司は融資を完成したばかりで、特に分枝会社を自由貿易区に設立し、そのCEOが4労働日後に関連証明書を受け取った時に「自由貿易区の効率が確かに高い」と称賛した。
 自由貿易試験区の「開放」は全球経済学者の上海経済未来発展に対する予見を高めた。復旦-ZEW中国経済景気指数の中国金融領域及びその他の関連工業経済部門で有名な国內外専門家に対する2月毎の訪問調査結果によると、上海経済が上向きを予測する専門家は54%占め、前回の44%越えた。その中で95%の専門家は上海乃至中国の経済態勢の上向きが自由貿易試験区と関連すると表明した。
 市場活力の激励
 区內の貨物やサービス等要素を自由に流動させることはちょうど、自由貿易試験区の貿易監管制度創新の中心目的であり、「一線放開」、「二線安全・高効率管理」を実施することによって公開・透明的な管理制度を促進するのは、上海乃至全国でこの前にないことである。
 制度の創新がより大きい経済活力を激励できるか?
 復旦大学経済学院院長の袁志剛氏は、自由貿易試験区の新しい制度が、企業機構により大きな発展空間を賦与、より大きな市場活力と創造力を激励、各種資源をより合理に流動・組合し、より強い経済発展動力を掘り出すことができ、「これは対外開放の強化だけでなく、民営資本の市場参入制限の緩和、国內市場の統一、一流の私営企業の育成に役立つ」と示した。
 市政府副秘書長、自由貿易試験区管委会常務副主任の戴海波氏は、「以前、我々は事前の審査許可を重視するが、今後に事中事後の監管を政府事務の重心とする。企業が入駐してきたが、我々はまた共有の情報プラットフォームを構築する必要があり、企業年度報告の発布によって、業界協会の役目を発揮、社会全体的企業監督を促進する。これが企業と政府にとっても新しい課題である」と表明し、また今年內に自由貿易試験区では政府職能移転方案を制定、部門を跨る綜合執法チームを設立し、改革を「深水区」へと進めると指摘した。
 職能の移転・升級
 2、3年の改革試験を経て、政府職能を加速して中国(上海)自由貿易試験区を国際水準の投資貿易の便利で、貨幣両替の自由で、監管の高効率・快速で、法制環境の規範な自由貿易試験区にさせる。
 多くの専門家の見解によると、目前の激しい全球金融競爭と產業変遷の状況下で、中国が貿易・製造大国から資本・產業強国へと移転するのは、深く全球金融貿易バリュー・チェーンに嵌め込む橋頭堡が必要である。自由貿易試験区はこの橋頭堡として、上海の2センターの建設という重要機会を迎えてき、上海経済移転を実現する主要な「ブースター」の一でもある。実際に、既に2009年3月25日の国務院常務会議で、上海で現代サービス業と先進製造業を発展加速、国際金融センターと国際航運センターを建設する意見、及び2020年までに上海を我が国の経済実力と人民幣国際地位と適応する国際金融センターにさせる計画を審議通過した。
  袁志剛氏は、今の全球経済から見ると、経済活動がますます重要都市の組織に依頼し、これらの「全球都市」が快速に世界と連絡する通路(航空線、港、鉄道等含み)を持ち、全球の資金流れや情報流れ等各種「流れ」の節点として有効に市場の経済要素を配置する」という重要な特徴があることが分かり、中国にこのような「全球都市」がなければ、その経済結構の移転ができにくいため、面積28.78km2自由貿易試験区が貿易自由化、投資自由化、金融国際化等重要な使命を担当し、上海を中国経済の戦略的升級ための「全球都市」にさせる」、と示した。(中国上海ポータルサイトより)

上海自由貿易区コーヒー取引センターは、7月6日に成立し、三年內にアジアで一番大きなコーヒー取引市場となることを目標とする。
コーヒーは世界で原油に次ぐ二番目のバルク貯蔵品である。中国ではコーヒー市場の基数が小さいが、毎年25%以上の成長率で世界で最も潛在力のあるコーヒー市場となる。専門家の予測によると、2020年までに中国はコーヒー市場の消費額が1万億元達し、10年內で美国に超える一番大きなコーヒー消費市場となる。
上海自由貿易区コーヒー取引センターは、十分に自由貿易区の金融、貿易及び政策等の優勢を利用して全国コーヒー業界の持続・安定的成長を促進し、国內で雲南・海南のコーヒー種植基地と提携して販売による生産促進という優勢の相互的補完・強者連合のモードを形成して中国コーヒー產業発展を加速、またベトナムやインドネシアやブラジルやコロンビア等主要コーヒー產出区及び国際コーヒー業界組織と貿易企業との交流・提携を強化、外国投資者を上海自由貿易区コーヒー取引プラットフォームまでに吸引して中国コーヒー取引市場を国際化コーヒー取引市場とアジア太平洋地区の中枢市場にさせる。
上海自由貿易区コーヒー取引センターは、「コーヒー電子取引プラットフォーム」、「インターネット+」、「中国コーヒーネット」取引プラットフォーム、コーヒー金融、コーヒー基地等五つの建設内容を目的とする創新発展モードを構築する。
その他に、上海自由貿易区コーヒー取引センターは、国內で設立した始めての創客コーヒー基地(24時間営業)項目も起動した。今後、より多くのインターネット+サービス型或はインターネット+金融型小企業が適当な創業創業資金を貰える。

自由貿易試験区の国境を越る電子商務プラットフォームとして、跨境通は2013年末から運営以来、保税輸入と中国直郵の二種運作モードを創立し、既にAmazon、現代百貨、1号店、大昌行等国內外の知名電子商務企業を引く付けてきた。クロスボーダー電子商務の発展を促進するために、近期に工商・税務・質監等部門の支持下で、自由貿易試験区の電商集中登録地管理は既に浦東空港綜保区で正式に実施した。目前、実施効果が初步的に現れ、クロスボーダー電商の入駐数が快速に増えている。6月4日までに、既に100戸企業が集中登録申請を提出し、その中で、46戸が企業設立を完成、54戸が企業設立中にあり、「跨境通」の累計入駐企業が137戸達した。
次に、保税区管理局は、輸入商品国別センター集中登録地管理を試行、それに試行結果を基に企業集中登録地管理方法を制定、場所や参入制限や政府購買サービス等內容を明確に指定、第3四半期前に区域內で全面に実施して更に企業の運作コストを軽減、国際化・市場化・法治化の商業運営環境を営造する。

浦東空港綜合保税区は税関・検査部門連動による「3つの一」という通関モードを起動
最近、浦東空港綜合保税区は税関・検査部門連動による「1回申告・1回検査・1回通過許可」(「3つの一と略称」)という通関モードを起動した。起動式で税関、検験検疫部門は区內近鉄国際物流(中国)有限公司の輸送貨物(2項)を共同的に検査して通過許可した。該当モードは、通関手続きの簡素化と空運手順の最適化によって通関効率を向上、企業のコストを低減、検査環節のみでは約3—5時間短縮した。該当モードは更に浦東空港綜保区の貿易便利化を促進、より良好的な運作環境を営造する。

ご投資について