試験区について

Introduction 区域紹介

自由貿易試験区開業一年来の関連データー:投資企業は計2.2万戸余、新設企業は近く1.4万戸、外国投資項目は160項、対外投資額は38億ドル、輸入通関速度は41.3%向上、企業利益取得能力は20%向上、自由貿易開設口座は6925個、預金残高は48.9億元人民幣(今年11月末まで)
中国(上海)自由貿易試験区拡大後の初回集中取材は12月29日に行う。来年、上海自由貿易試験区の改革経験、特に政府職能移転に関する措置は、浦東新区だけでなく、上海全体に押広める。ある会議結果によると、上海自由貿易試験区拡大後の管理組織については、目前にまだ決定されていなく、今週内、関連機構は意見を聴取してから方案を制定する。

自由貿易試験区は重要な初歩的成果を取得
市政府副秘書長、上海自由貿易試験区管委会常務副主任の陳寅氏は、上海自由貿易試験区開業一年来、ネガティブリスト管理を中心とする投資管理制度が既に制定、貿易便利化を重点とする貿易監管制度が安定に運行、資本項目の交換可能性と金融サービス業の開放を目標とする金融創新制度が大体確立、政府職能移転を目的とする事中事後監管制度が大体形成されたため、国際投資貿易規則に適応する基本制度において、重要な初歩的成果を取り得た、と示した。
今年11月末まで、区內投資企業は計2.2万戸余、新設企業は近く1.4万戸、新設外資企業は2114戸(前年同期比10.4倍增し)、外国投資項目は160項、対外投資額は近く38億ドル達した。統計によると、上海自由貿易試験区內の輸入通関速度は区外より41.3%速く、輸出速度は36%速やい。一年来、区內企業の利益取得能力は前年同期比20%增えた。行政の簡素化・部への権限委譲によって、更に市場空間を拡大させた。
市金融事務室副主任の李軍氏は、目前まで、上海自由貿易試験区が既に自由貿易口座を6925個開設、預金残高が48.9億元達し、自由貿易口座の運行が良好的であり、今後口座の運行状況に応じて外資機能を推し出して早く人民幣・外貨一体化を実現する、と示した。
注目される平行輸入自動車の試行法案について、市商務委副主任の顧軍氏は、目前に最後の準備を行っていて、関連企業に認定、取引規則が制定された後に、正式に公表される、と示した。

「3つの区域」優勢を発揮
全国人大常委会の決議は上海自由貿易試験区の拡大建設が法律プログラムを完成したと意味している。
陳寅氏は、拡大建設が党中央、国務院の上海自由貿易試験区発展に対する新要求であり、中央の上海自由貿易試験区探索に対する肯定でもあり、より大きい空間範囲內で外商投資管理、サービス業開放、事中事後監管等改革開放創新措置の効果をチェック、政府の管理制度改革を試験、また十分に浦東新区のよい創新基礎と高い開放程度の優勢を発揮する、と示した。
市発改委副主任顧洪輝氏は、陸家嘴、張江、金橋三区域で金融業、科技創新、先進製造業及びサービス業等産業が集中し、それぞれ特色を持っていて、潛在力が巨大的であり、上海自由貿易試験区の拡大区域として、この三区域がよりよく国家戦略を担当して自由貿易試験任務を完成することができる、と示した。
顧洪輝氏はまた、「上海自由貿易試験区の拡大建設が、区域の拡大だけでなく、主に機能テストを行うためであり、即ちより広い範囲內で異なる産業の創新をテストするのであり、また拡大区域を全部同じ行政区內に置くのが一つの完備な行政体系內でよりよく政府職能の移転と改革を推進するためである」と指摘した。顧洪輝氏はまた、元自由貿易試験区か陸家嘴・張江・金橋に関わらず、それぞれ管委会があるが、その管理組織の構成方案がまだ決定されていないが、今週内意見を聴取して制定され、「最後にどんな組織構成になったかに関わらず、元自由貿易試験区及び浦東新区の改革経験を吸い取る」と披露した。


外高橋保税区
外高橋保税区は全国で初めての保税区であり、1990年6月に国務院に批准設立され、その企画面積が10km2。20年来の発展を経て、外高橋保税区は既に国內で経済規模の最も大きくて、業務機能の最も豊富な税関特殊監管区域となり、全国で初めての「国家輸入貿易創新促進示範区」でもある。外高橋保税区は特に酒、時計、自動車、工事機械、工作機械、医療器械、生物医藥、健康製品、化粧品、文化製品等10類専門製品の貿易プラットフォームを建設強化し、その中で文化貿易プラットフォームが文化部に全国で初めての「国家対外文化貿易基地」と授与された。

外高橋保税物流園区
外高橋保税物流園区は我が国で初めての保税物流園区であり、2003年12月に国務院に批准設立され、その面積が1.03km2。全国で始めて「区港連動」を実施する試験区域として、当園区は同時に保税区、輸出加工区の関連政策及び上海港の港航資源を享受できる。「区区連動」、「入区退税」等政策優勢に依頼して、保税物流園区は外高橋保税区と相互に補助して連動的に発展し、重要な現代化国際物流基地である。


洋山保税港区
洋山保税港区は我が国で初めての保税港区であり、2005年6月に国務院に批准設立され、2012年1月に拡大建設が批准された後、企画総面積が14.16km2、小洋山港口区域、一部陸地、小洋山島を陸地と繋ぐ東海大橋からなっている。洋山保税港区は「区港一体化」監管を実行、上海国際航運発展綜合試験区のコア・キャリヤであり、通信及び電子製品、自動車及びその部品、高級食品、ブランド 服裝等配分配送センターを集めて、欧米向けの配分配送基地と大口商品産業基地、国內向けの輸入貿易基地及び航運中堅企業の集中地となった。

浦東空港綜合保税区
浦東空港綜合保税区は2009年7月に国務院に批准設立され、その企画面積が3.59km2。当保税区は保税物流区域と空港西側の貨物輸送区一体化運作を実行、浦東空港アジア太平洋地区航空複合中枢港優勢を持っていて、上海空港サービス産業の発展リーダーであり、目前既に電子製品、医療器械、高級消費品等に関する全球知名多国籍会社空運配分センター及び融資賃貸項目(100項余)を導入、またUPS、DHL及びFedEx三急便配達会社が入駐、一部重点項目も起動したが、空港綜保区では次第に空運アジア太平洋地区配分センター、融資賃貸、急便中継センター、高級消費品保税販売等空港サービス産業チェーンを形成した。

ご投資について