試験区について

Advantages 区域優勢

9月1日午前、上海浦東空港綜合保税区では「暢聯全球空運配送センター&上海盟天国際物流有限公司の開業式」が催された。これは暢聯国際物流有限公司が外高橋保税区と洋山保税港区で物流及び配送業務を展開した後に、空港綜合保税区で設立した全球空運配送センターである。該社は綜合保税区の三つの区域でも実体会社を設立且つ運営を展開するメーカー協力物流企業であり、これも「三港三区」連動発展が新しい階段に入ったことを示す。
上海暢聯国際物流有限公司は2001年5月に成立され、「サプライチェーン精細化管理先行者」を発展目標に、自動車、電子及び医療領域をセンターに、ソニーやアップル等多くの世界トップ500企業及び国内著名企業と長期戦略提携関係を締結し、目前既に形成覆蓋華東、華北、華南及び中西部等重要な区域と都市を覆う物流サービスネットワークを構築し、強い影響力を持つ専門的なメーカー協力物流企業となった。該社の総裁である徐峰氏は、空港綜合保税区で全球空運配送センターを設立する理由が空港綜保区の豊な航路資源と快適な通関環境で大幅に市場反応能力を向上且つ有効にコストを低減させることができ、また綜保区「三区三港」連動発展の独特な優勢で空海聯運による資源整合から企業管理を創新することができることを示した。
上海綜合保税区は成立以来、「三港三区」連動発展を重要な作業内容として、前後に上海綜合保税区聯合発展有限公司を設立して綜保区「三区」開発戦略聯合を実現、外高橋保税区空運サービスセンターと浦東空港綜保区空運貨物サービスプラットフォームを設立して綜保区貨物の海空輸送連動運作を進めている。その中で、浦東空港綜合保税区は税関、検験検疫等部門の支持下で、今年7月22日に空運貨物サービスプラットフォームを使用に投入して新しい空運貨物の物流通路を開いたために、区港貨物の直接通関を実現、また空運貨物の到着日に配分作業を完成することができ、この前の口岸監管区中継運作モードと比べて、4-5時間短縮し、大きく空運通関の運作効率を向上させた。今年、浦東空港綜合保税区は、口岸通関サービスセンターを起用、またより快速・便利な通関環境と政策支持体系を構築して空輸送出入貨物配分、融資賃貸及び国際中継等業務モードを開拓、多国籍会社がアジア太平洋地区乃至全球空運配分センター、物流サプライチェーン企業向けて空港綜保区で発展することを大きく支持する。
外高橋保税区は2008年に物流営運センターを認定して以来、認定された物流営運センターはその業務を区內に集中し、2010年7月の輸出入額を例に、輸出入業務が総体的に上昇している。その中で、英運物流(上海)有限公司の7月の輸入額が1.62億ドル、前年同期比168.06%增し、輸出額が0.26億ドル、前年同期比223.45%增し、遥かに保税区の輸入額19.7%成長率、輸出額35.7%成長率を超えた。
英運物流の輸出入額の成長率が遥かに保税区の平均成長率を超えたのは主に業務の整合からのである。営運センターの政策激励で、英運物流は積極にDHL集団北京、上海保税区外の分枝公司の業務を整合し、2010年SKFやCoachの輸出入業務を合弁してHP、Pernod Ricard、Apple、SKF、Onsemi、STMicro、Coachを主要客様とする区域的業務センターを形成した。

ご投資について